« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

笹団子作りに挑戦!

今日の新潟県柏崎市は、曇り時々雨。

突然ですが、新潟の代表的なお菓子 笹団子(ささだんご)をご存知でしょうか。

笹団子(ささだんご)とは、小豆あんを、ヨモギという植物の入った草もちで包み、そのお団子を、大きな笹で包み、スゲという紐を使って縛った、新潟の銘菓です。

今では、四季を通して、冷凍物がスーパーにも出回っているので、いつでも好きな時に食べれますが、笹の出回る今の時期には、手作りする家もたくさんあります。

柏崎市では、6月、えんま市の頃の風物詩として、親しまれている笹だんご

たくさん作って、地方にいる子供や孫達に送ってあげるのだそうです。

いつか私も習いたいと思っていたら、チャンス到来!今週水曜日に実現しました!L(@^▽^@)」(講師は西巻ヨリエ先生です。実は高校時代、アルバイトしていた先でもお世話になりました!^^)

Sasadango14

本来、ヨモギを茹で、生地を作るところから始まりますが、2時間と限られた時間の為、今回は素になる生地を、先生が作っておいてくれました。

Sasadango1

もち粉と、うるち米、ヨモギを混ぜた生地を、よーくよーく練ります。

Sasadango2

粘り気が出るくらいまで練ると、歯切れの良いお団子になるのだそうです。

次に、笹を並べ、あんこを包んだ生地を載せていきます。

Sasadango4

こんな風になりました!

Sasadango5

続いて、一番の難所!包み方です。

笹をもう2枚用意して、お団子を包んでから、キャンディーのように端をねじり、スゲでくるくるっと巻いて、スゲは切らずに、今度は反対も同じようにねじり、スゲを巻きます。

Sasadango6

先生の手先を、目が乾くほどに、じーーっと見ていても、まるで手品のようで、分かりません・・・(・_・;

Sasadango7

それでもなんとか出来ました!ヽ(*^。^*)ノ ワ~イ

Sasadango9

これを、沸騰したお湯で、15分茹でて、出来上がり♪

Sasadango10

乾いたタオルの上に載せて、冷まします。冷ました後は、冷凍保存もできますし、笹の殺菌効果で、そのままでも、長く持ちます。

Sasadango11

今回は、出来立ての熱々笹だんごをいただきまーす!

・・・・・

ハッ!( ̄◇ ̄; 

食べることで、頭がいっぱいで、写真を忘れてしまった~(゜ーÅ)

なので、お土産に持って帰ったものを、翌日撮りました。

Sasadango13

売っているものより、草もちの色は薄いかもしれませんが、香りがとてもよく、あんことの相性も抜群!とてもおいしかったです。(^^)

笹だんごにも、濃し餡派と、粒餡派にファンが分かれます。

私は粒餡派♪

先生の作ってくれた餡子が、とってもおいしかったので、この味目指して、次は粒餡を自分で作って、笹だんごにチャレンジしたいと思います♪

ワンランク上の味噌 漬物と、新潟名産品をお届けします。
越後みそ西 西本町店WEBショップ

| | コメント (28) | トラックバック (1)

特別栽培五穀豊穣安全祈願祭

今日の新潟県柏崎市は、曇り時々晴れ。ゴールデンウィーク中の暖かさに比べると、肌寒い一日です。

ゴールデンウィーク中日の5月1日。

柏崎市高柳町の荻ノ島で、(株)越後みそ西の主催、特別栽培五穀豊穣祈願祭が執り行われました。

Oginoshima02

越後みそ西の野菜の多くは、緑と水のきれいな、この高柳町で作られています。

Oginoshima01

荻ノ島は、【かやぶきの里】としても有名で、のどかな昔の田園風景を見ることができます。

Oginoshima03

今回の祭りは、日頃忘れがちな、大地の恵に、改めて感謝をし、五穀豊穣と、今年もまた、安心で心温まるような、こだわりの味噌・漬物が、この土地から育つ、米や大豆、野菜からできるよう、祈りが捧げられました。

Oginoshima07

祭は、神官さんの仕切りで、こだわりの原料から、本当に安心で、おいしいものを作りたいと語る(株)越後みそ西の石塚社長と、こだわりの商品を作り上げてくれる中西工場長、そして、今回、土地を提供してくれて、安心の野菜を栽培してくれる中西さん、産業大学の村山先生、高柳町役場の中村さん(中村さんは、私の仲良しの友達のお父さんでもあります。^^)の皆さんで執り行われました。

私達が何気に口にするものも、たくさんの人の思いが込められているのだなーと、改めて思いました。^^

Oginoshima12

そろそろ、新潟では田植えが始まります。

Oginoshima05

高柳のお米は、こだわりのお米として、地元でも人気です。また、関東方面でもファンが多く、毎年新米の時期を、たくさんの方が楽しみにしていらっしゃるそうです。

ふと、田んぼのあぜ道に目をやると、おばあちゃんがそっとタンポポに手をかざしていました。

Oginoshima09

思わず、ほんわか和む一時でした。^^

*******************

天保二年創業 ワンランク上の味噌・味噌漬けをお届けします。
越後みそ西・西本町店WEBショップ

http://www.echigomiso.net/

| | コメント (30) | トラックバック (4)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »