« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

近況のご報告

今日の新潟県柏崎市は快晴です。

あの中越沖地震から2週間が経ち、おかげさまで私達の生活もだいぶ落ち着いてきました。道路も、ものすごい速さで、復旧しています。

ニュースでは、連日の地震の報道で、風評被害が囁かれる中、お店や旅館、会社がいち早く復旧し、通常営業を再開しています。皆、助け合い、明るく元気にやっています。^^ 

当日、県外におりましたので、どれだけ大きい揺れか、私は体験しなかったのですが、家に帰ってきてみると、そのすごさを、すぐ実感する事になりました。

立て揺れのせいで、車がジャンプしたようで、駐車場に停めてあった私の車の後輪が、うまい(?)バランスで、車止めの上に乗り、軽い逆立ち状態になっていました。(・_・;

市内は停電の為、真っ暗。

翌朝、部屋の中を見渡すと、なかなか空かなかった扉の向こうは、こんな状況に・・・。
71601

棚に入っていた食器は、ほとんどが割れ、カレー粉の缶の蓋が空き、ばぁ~っと、まぁ・・・見事に・・・。すべてカレーまみれとなりました。(T_T)トホホ

翌日午後、店に行くと、すでに母と父が、店の片づけを始めていました。

お隣の空き店舗が傾き、それによって、当店にも「隣接建物倒壊の危険の為」と、【危険】の張り紙が張られました。

幸い、お隣には、もう誰も住んでいらっしゃらなくて、どなたにも人的被害はありませんでした。71602

とりあえず、どうなるか分からないので、家族全員で、店内に残った商品をすべて運び出します。

車に、せっせと荷物を運んでいる姿を見て、店の前で、ガス工事をしていたお兄さん達が、休憩時間に運搬を手伝ってくれました。

この日の気温は、かなり高く、工事の作業も大変だったでしょうに、お手伝いくださり、本当にありがとうございました。とっても助かりました!
地震以降、いたる場面で、人情というものを感じます。逆の立場の時、自分もこんな風にできるだろうか・・・考えさせられました。

その後、お隣の建物は、早いうちに解体の工事が始まり、倒壊の危険はなくなりましたが、子供の頃から見ていた風景が変わってしまい、とても寂しいです。
71603

アーケードの地面が隆起したので、扉が半分しか開きません。
71606 地震直後、ライフラインの、電気・水・水道、すべてが止まりました。

私の家は、電気が2日後、水は1週間後に通りましたが、ガスは、今もまだ通っていません。

でも、最初は不便だった生活が、今ではだいぶ慣れてきて、無いものは無いなりに、結構楽しくやっています。(^^)

ガスが通らなくて、一番不便なのは、お風呂。

県内多くの入浴施設で、柏崎市民は無料で入浴できるようにして頂いているので、入らせていただいたり、親戚や、ガスの使える友人の言葉に甘えて、助けてもらっています。おじいちゃん、おばあちゃん、B夫妻、いつもありがとう!!^^

市内では、皆、知恵を使って、天気の良い日に、タンクやペットボトルに水を入れ、太陽熱を利用し、水を温め使っています。

この前、私もやってみようと、朝、準備したら、こんな日に限って太陽が出ない( ̄▽ ̄;

結局、多少温まった水に、鍋でお湯を沸かし、足して使いました。

一人がお風呂に入っている間に(と、いっても掛け湯ですが)、もう一人が、せっせと鍋でお湯を沸かし、風呂場に運んできて、結構楽しいです。節水にもなるし、一石二鳥!(^^)

炊き出しも戴きました。

しばらく、調理もままならない状況でしたので、自衛隊の方が作ってくれる食事は、バランスが良く、とても助かりました。そして、おいしかったです。

たくさんの方から助けていただき、今日を迎えることができています。
71605

皆さんから戴きました、温かいメッセージや、ご注文に、励まされ、頑張ることができました。
ありがとうございました。

地震そのものは、大変な変化ですが、このことで、人の温かさや、仲間の尊さ、家族の絆を改めて感じることができ、良い機会となりました。

皆さん、本当にありがとうございました。

 

☆復興柏崎!柏崎市内の商品発送可能な店舗を調べることができます
ポータルサイト e-こって柏崎
Ekashiwazaki_2

| | コメント (36) | トラックバック (3)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »