行ってきました川口湖①

今日の新潟県柏崎市は雨で、自分が風邪をひいているせいか、さむ~い日です。

今日は、遅ればせながら、先月末に行った河口湖のお話。

第一日目の天気予報は、「朝から雨模様」の予報にもかかわらず、朝7時の出発の時には、なんとか日も差し、なかなか良好!1台のステップワゴンに総勢6人が乗り込み、いざしゅっぱぁ~つ!(≧▽≦)

長野県に入ると、いたるところで紅葉が始まっていて、緑の山の中に、赤や黄色に色づく木々があちらこちら。 とってもカラフル!秋って綺麗でいいなぁ~なんてひたりながら、まず最初の観光は、河口湖近くの【鳴沢氷穴】へ。

洞窟の中は、夏でも0度近い気温だそうで、昔はここで天然氷がとれたそうです。その他、洞窟内の温度があまり上がらないのを生かし、蚕を飼ったりしていたとの説明もありました。10月末は、残念ながら本物の天然氷はほとんど残っていなく、飾りかな?と思われる、人工的と思える氷が積まれていました。(^_^;)

驚いたのは、洞窟中央付近にあった、暗~くどこまで続いているんだろう?と思える横穴。となりに掲げられた看板に、『危険』という文字と説明書き・・・。

『この穴は、一度落ちたら、二度と出る事が出来ません。非常に危険です。一説では、この穴は江ノ島まで繋がっているそうです。』

・・・!?え・えのしまぁ?ここ山梨県ですけど、神奈川県まで繋がっているって事ですか!?ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー

昔の勇気ある偉人が、洞窟探索の末、出てみたら江ノ島に着いてしまったのでしょうか?これはまさに、ロマンです。

鳴沢氷穴は、探検やミステリー好きの私としては、とってもおもしろい観光ポイントでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新潟の、おもしろ松代町☆

今日の新潟県柏崎市はくもり。時折小雨のぱらつく、寒い日です。

昨日、松代町に行ってきました。

松代町は、日本三大薬湯のひとつ、松之山温泉でも有名ですが、他にもたくさんの見所があるのです。

まずは、【美人林】と呼ばれるブナ林。松代に訪れたら、一度は立ち寄っていただきたい所の一つ。

森の中に入ると、空気が澄み切っている感じがします。幾本ものブナの木が、すっと立っている姿は、まさに「美人」の名にふさわしい立ち姿。

VFSH0068 今年は、数年に一度のブナの実の豊作の年だそうで、柔らかい落ち葉の土の上には、たくさんのブナの種が落ちていました。

この種を集めて、設置されている箱に入れておくと、植樹に役立ててくれるとの事で、拾い出すと思わず時間が経つのも忘れる程、おもしろい!たくさん集めて箱に入れてきました。(^▽^)

その次は、森の学校【キョロロ】。kyororo

森に生きる生物とか、植物とか、自然にちなんだ博物館のようなところです。

実は、虫が苦手な私。最初はうわぁぁ~(≧_≦)と、目を背けていたものの、そのうち慣れてしまって、

ほぉ~こうなっているんだぁーフムフムφ( ̄ー ̄ )ノ と、じっくり見れるまでに。人間、慣れとは恐ろしいものです!

帰りに日本三大薬湯のひとつ、松之山温泉へ行ってきました。
夕方は、地元の人がたくさんいて、小さい子供が入ってくると、お婆ちゃん達、みんなの孫が来たかのように、かわいがって、子供が露天風呂に行くと、おばあちゃん達も一斉に内湯から上がり、ぞろぞろとついていきます。

こうゆう環境に育つ子供って、いろんな人から愛情をもらって、すくすく育っていくんだろうなぁ~。(^▽^)

体もポカポカ、心もほんわか温かい、松代町ドライブでした♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

秋の長野ドライブ

何日か続いた曇り空も今日は快晴!気持ちの良い日です。

昨日、友達と、長野へドライブに行ってきました。新潟のお天気は、あいにくの雨。長野の方面は、午後から曇りになるという天気予報を聞いて、期待しつつ、

いざ!長野へ、しゅっぱぁぁーつ(^▽^)

朝ごはんを二人とも食べていなかったので、まずは早めのお昼で腹ごしらえ。黒姫高原に向かって、ビーフシチューがおいしいと評判の【藁屋】さんへ行ってみました。初めて行くお店だし、けっこう山奥にあるので、道が合ってるのか不安になりながらも、けっこうスムーズにお店へ到着。

お店はログハウス風の建物で、とってもステキ。「こんなステキな所に住んでいれば、ビーフシチューのひとつも作りたくなるよね~♪」なんて、ビーフシチューを作った事のない、二人の会話。(^_^; ホントに作るんだろうか・・・

ちょうど、お客さんは私達2人だけだったので、躊躇することなく、ビーフシチューをご飯にダァ~っとかけて、の~んびり食事を楽しんできました♪

お腹もいっぱいになって、それでは!と、黒姫高原のコスモス畑へ。

気温が低いせいか、霧がすごい!全体的に、少し花も終わりかな~という感じでしたが、黄色いコスモスだけが、キレイに咲いていたので、畑の中に入って写真を撮ってみると、人物の後ろに、もわぁ~っと霧がかかり、黄色い花だけがやけに鮮明、その風景は、まさにあの世。 (°▽°;) 天国ってこんなかんじなんだろうな・・・。

焼きトウモロコシに後ろ髪引かれながら、次の目的地は善光寺!善光寺へは幸せ祈願に。これはもう力も入ります!乂(゜ロ゜ )

よーくよーくお参りしてから、善光寺の回廊へ入場しました。電気ひとつない真っ暗い回廊(目を開けているのか、閉じているのかも分からない程の暗闇!)を、手探りで歩いて、途中、「鍵」を触る事ができると、幸せになるという伝説が、この回廊にはあります。。。もっちろん、鍵を見つけて、がちゃがちゃとしっかり触ってきましたよ(^▽^*)v

幸せの鍵を触ったおかげかな?小布施に向かう途中に、大きな大きな虹と対面。大きく半円を描く虹は、色がはっきりと見え、すばらしかったです。

小布施では、これまたおいしいと評判の【栗の木テラス】のモンブランをお土産に購入。我慢できなくて、友達と車の中箱を開けて、1個づつペロリ。

-----うんまぁ~いぃぃヾ(>▽<)ゞ -----あーしあわせ~

生栗を使ったモンブランは味も香りも良くて、最高でした。

ドライブの最後の締めに、湯ノ入温泉もみじ荘(中野市)へ行ってきました。入浴料は午後5時から300円という、超破格の日帰り温泉施設で、本館に内湯もありますが、そこから徒歩で3分位山を登ったところに、露天風呂があります。女風呂は高速道路から丸見えですが、これもご愛嬌(^▽^;) 少しぬるめのお湯は、長く入っていられて、もーポカポカ。秋風に吹かれながらの露天風呂、気持ちよかった~♪

今度は紅葉の時期に訪れたい、長野路の癒され旅でした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜の住む沼

今日の新潟県柏崎市は晴れ。もうだいぶ涼しくなって、秋だなぁって感じです。

昨日、「竜ヶ窪の池」へ行ってきました。この日はもりだくさん!竜ヶ窪を含め3つの自然満喫スポットへ行ってきました。

当初の予定は、朝日村の方にある、鈴ヶ滝という滝を見に行くつもりだったけど、気づいたらお昼も過ぎていたので、行き先変更!一路津南方面へ。

まずはスポットその一。日本名水100選にも選ばれた「竜ヶ窪の池」。

駐車場に着いて、森の参道を3・4分歩いていくと、まず水を汲めるポイントが右側にあります。その日は観光バスが来ていて、おそらく京都から来ているお客さんが、たくさん水を汲んでいたので、そこには寄らず、更に奥へ。すると、そこにはひっそりとたたずむ竜ヶ窪の池が!すごーく透明で、池の底までよーく見えます。清涼感あふれる池は、エメラルド色に輝いて、ホントにきれ~い(^_^)

よく見ると、・・・あれ?もや~っと白く、池にかかっているのは?

昨日は曇りで、そんなに暑い日ではなかったけれど、水温が非常に低いので、池の表面にだけ霧がかかっているとの事。神秘的で、竜が住むという伝説もうなずけます。駐車場から社まで繋がれた参道は、一般的に知られている観光ルートですが、更に私達は、マニアックなルート突き進む!

社から駐車場へ向かう途中、左に森へ入れるルートがあります。池沿いに進でいくと、更に奥にも古い小さな社が・・・。そこからの眺める池の景色はすばらしかった・・。社の後ろから水が湧き出ていて、池につながっています。水に手を入れると、10秒も入れていられないほど冷たいっっ!氷水みたいです。心が洗われるような、ステキなところでした。

帰り道の途中、秋山郷の方向へ向かって、スポットその二!案内看板に風穴のポイントがあるのを見付けて、これはもう見に行かないと♪一挙に気分は探検気分!

車で山をだいぶ登って、駐車場に車を停めると、そこには山があるのみ。山道入り口はあるけれど、本当にここでいいのかなぁ~?不安に思いながらも山を登って行くと、まるで人生の分かれ道を連想させるような、二つの分かれ道が・・・(^^;どっちだろう? しばし悩んでいると、右の道の奥~の方に「風穴」と書かれた、倒れかかった看板を発見!!!

あれだーっ!!

走って駆け寄ると、突然襲ったのものすごい寒気・・・!なにコレ!?幽霊がでる時ってこんな感じ!?そんな事を想像したらドキドキして鳥肌が(--∥

風穴とはどんなものか知らなかった私。よーく観察すると、山の小さな穴から冷気が絶え間なく、噴き出しているのを見付けて、驚きでした。穴には入れないようになっていましたが、どこからこの風は吹き込んで、ここに出てきているんだろう・・?謎が謎を呼ぶスポットです。

最後に、スポットその三。秋山温泉郷の奥にある、切明温泉にも寄ってきました。その先に道はないので、山道の行き止まり。

ここの温泉は、宿もありますが、河原の温泉に誰でも無料で入る事が出来ます。ただし!自分で湯船を作ること。

ここは、河原に温泉が湧き出ている、天然の野天風呂です!スコップで穴を掘って、自分好みの湯船を作ります。源泉はかなり熱いので、うまく川の水を取り込む水路を作って、ちょうど良い温度に。水着の用意をしてなかったので、さすがに私は入れませんでしたが、足だけ浸かって、とっても気持ちよかったです。新潟にもこんな所あったんだな~(^^)b

新潟の自然満喫のたび。次は秋の紅葉の時期に訪れたいなぁ。

竜ヶ窪の池http://www.week.co.jp/ws/wspo0090.asp?ID=00031675

見倉 風穴http://www.hokuhoku.co.jp/7ensen/trek/04/04.html

切明温泉http://www5a.biglobe.ne.jp/~k-river/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大迫力の雷滝

今日の新潟県柏崎市は快晴で、気持ちの良い日です。

昨日、長野県の滝を見に行ってきました。目指したのは、高山温泉郷の中にある【雷滝】。

高山温泉郷に入って、松川渓谷沿いに、しばらく山道を車で登っていくと、右側に雷滝の案内看板と、ごろごろ茶屋と書かれた小さな売店があります。(この売店も、地元の野菜なんかが売っていて、ちょっとのぞくと楽しいです。)

5台程駐車できるスペースがあって、車を停めて滝までの階段を下り始めると、滝はまだ見えないのに、すぐ、ふわぁ~っと気持ち良い空気が漂ってくる。これが噂のマイナスイオンか~(^^)

階段を5分程下って行くと、さらにごごーっという地響きにも似た、滝のうなり声が聞こえ、---見えてきた---!カミナリ滝!

「す・すご~い・・・」迫力がハンパじゃない・・

実はこの滝、別名【裏見(うらみ)の滝】と呼ばれ、滝の裏側を見る事ができるんです。これは見た人にしかわからない迫力かもしれませんが、う~ん、しいて言えば、ディズニーランドの《ジャングルクルーズ》の迫力を何倍にもした感じ!(^^;  (結局わかりずらくてスミマセン!)

岩肌には、きっと何年もの歳月を生きてきただろう、コケが生えていて、滝の水しぶきを受けて、キラキラ光っています。岩肌から水がぽたぽ落ちてくるので、服をぬらしたくない方はご用心。自然の生命力のすごさを実感させられました。

ちなみに、車でもう3分程山を登ったところに、滝の湯と言う大野天風呂があります。入浴料は500円。内湯は男女別々ですが、野天風呂は混浴。山の風がそよそよと吹いて、気持ち良かったですよ♪女性はバスタオル必須です。名物温泉たまごもおいしかったです。

また大好きな景色がふえました(^^)b

雷滝について(信州高山温泉郷環境協会HP)http://members.stvnet.home.ne.jp/hin-nobe/html/

滝の湯http://www.takinoyu.jp/sub1.htm

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新潟の夏ドライブ

今日の新潟は曇りで、昨日に比べると涼しい風の吹く爽やかな日です。昨日は暑かった!どうやら新潟も梅雨明け様子です。

昨日、友達と夏満喫の日帰りドライブに行ってきました。AM10:30、柏崎から小千谷を通って、最初の目的地「川口やな場男山漁上」に着いたのが11:30ごろ。

やな場って見た事ありますか?川の流れに逆らうような向きに、斜めに竹製の足場が組んであって、そこに川魚がかかる仕掛けです。仕掛けに魚がかかると、素手で採る事ができます。足首位まで(子供はほぼ間違いなく全身ずぶぬれになります・・)川に浸かって魚を採るんですけど、川の水が気持ち良くて、夏にピッタリの観光ポイントです。昨日は鮎がたくさんかかっていましたし、たまに大きな鯉が上がったりして大歓声が上がったりしていました。魚を持ち帰る事はできませんが、やな場に上がるのは無料で、誰でも魚のつかみ取り体験ができます。

お昼はもちろん鮎塩焼き、鮎田楽、鮎めしと鮎三昧!おいしかった(^^)b特に、田楽は甘めの味噌と鮎の風味がピッタリあってお勧めです。他にも鮎のお刺身なんかもありましたよ。

あんなにお腹いっぱいになったのに、女の人ってホント不思議ですよね、甘いものは別腹♪・・・とゆう事で、川口から20分程の浦佐に向かい、地元でも有名とゆうジェラート屋さん「ヤミー」へ。場所がなかなか分からなくてスケボーをやってる高校生に道を尋ねながら、やっとたどり着いてみると、かわいらしい小さなお店に、たくさんの人!10種類位のフレーバーの中から、私はフレッシュミルクと黒豆きなこのジェラート、友達は杏仁ミルクと紫イモのジェラートを選びました。これもまたおいしかった *^-^*

お腹も本当にいっぱいになったところで、旅の締めくくりは十日町市川西町にある日帰り温泉施設「千年の湯」で温泉に入浴。きれいな施設で、茶色く濁ったお湯は心なしか肌がツルツルする感じ。露天風呂もあって、あーほーんとしあわせ♪

なんとなくドライブが終わってしまうさみしさを感じながら、柏崎に着いたのが7時くらい。友達も喜んでくれてよかった。(^^)次は塩沢のラフティングへ行こう!と盛り上がりながら、夏先取りの新潟を満喫する旅ができました。

やな場http://www.van-rai.net/nigyoren/mori/sakeayu/sakeayu.htm

手作りジェラート ヤミーhttp://nttbj.itp.ne.jp/0257772920/index.html?Media_cate=populer&svc=1303

千年の湯http://www.ngt-kawanishi-kankou.jp/04/02/040200.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

玉原の湿原と滝とラベンダー 

今日の新潟は曇り。暑くも寒くもないちょうど良い日です。昨日、群馬県の玉原(タンバラ)高原へ行ってきました。目的は5万株のラベンダーパーク。

柏崎から群馬へ向かう途中、お昼ごはんに高柳町のパン屋さん、「麦麦(バクバク)」さん寄りました。11:30頃、ちょうどオーブンから出たばかりの、焼きたてパンがたくさん並んでいて、熱々のソーセージのパンや焼きカレーパンを購入。全粒粉の入ったパン生地はパンそのものの味がしっかりしていて、本当においしかった♪途中、六日町の菖蒲園によりながら、玉原高原に着いたのが13:00頃。

玉原高原のラベンダーは、まだ少しつぼみが膨らんだところで、あと1週間程で満開のようです。ちょっと残念だったけど、園内を散策して、ラベンダーソフトクリームを味わい、気持ちの良い高原の空気を満喫しました。ちなみにラベンダーソフトは、お花の香りの好きな人にはお勧めですけど、私は普通のバニラの方が好きかな~。

ラベンダー園から車で5分程のところの、「玉原湿原」にも行く事に。駐車場に着いてコースの看板を見てみると、湿原の散策コースは、駐車場からの約1時間弱ほど。スカートにサンダル、といった井出たちで歩き出すと、すれ違う人の服装は皆トレッキング仕様・・・(^^;大丈夫かなーと心配になりつつも「いつ引き返してもいいんだ」とゆう余裕もあり、普通はこの格好じゃ来ないな、と思うような道を、草を掻き分け、先に進んで行くと、着いた湿原には見た事もないような草花が、ひっそりと咲いていて、一つ一つ夢中になって発見しているうちに、気づいたら結局1周していました。

帰りに偶然見つけた、強清水(こわしみず)の滝は、滝好きの私の中でベスト5に入るステキな滝でした。(^^)b滝の中腹まで上る事が出来、マイナスイオンをたっぷりあびて、満足満足な一日でした。滝好きの方がいらしたら、ぜひ寄ってみてください♪

沼田市観光情報 http://www.city.numata.gunma.jp/mokuteki03.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新潟のはなび

今日の新潟はくもり。蒸し暑い日です。今日は新潟の花火について。

新潟は、大小あわせて実に多くの花火大会がありますが、その中でも新潟三大花火といえば、「川の長岡、山の片貝、海の柏崎」といって、それぞれの持ち味をいかした花火は、見る人を魅了します。

各地の花火の特徴はたくさんあるけれど、長岡はなんといっても2日間惜しみなく打ち上げられるスターマインのダイナミックさ。それと、橋にかかる見事なナイヤガラは、見終わるとかなりの充実感です。ただし混雑もハンパじゃないので、近くで見たいなら、渋滞は覚悟で。(^^)b

片貝は花火職人の街とゆう事もあって、NHKのドラマ「こころ」でもロケ地になりました。打ち上げ場所が盆地のようにくぼんでいる場所にあるので、道路から見ると視界を遮るものもなく、混雑していても、わりと花火が見易いです。ただ、道路が狭く、迂回路もあまりないので、渋滞に巻き込まれるとかなりツライ・・。片貝の花火を見に行くと、毎年、見た事のないような繊細な色使いの、新しい花火を見る事ができます。そして、なんといっても三尺玉、さらには四尺玉の打ち上げが本当にすばらしいです。四尺玉の、あのドンッとゆうお腹に響く音は、行ってみなければ体感できない迫力です。

最後に、私の住む柏崎は、海中スターマインが見ものです。海上の三方向から打ち上げられる花火は他には見れません。尺玉100発同時打ち上げは、一斉にドンッと尺玉が上がり、夜空が一変して一瞬真昼のような明るさになります。これはもう絶対感動します!東京や横浜の花火もすばらしいですけど、今年どこか遠くの花火を見に行こうかなーと思っている方がいたら、新潟の花火、ぜひおすすめですよ♪

ちなみに開催日程・詳細は、下記ホームページで案内しています。

長岡花火 8月2日・3日http://www.city.nagaoka.niigata.jp/dpage/kankou/maturi/

片貝花火 9月9日・10日http://www.fgt.co.jp/shoukoukai/shoukou-home.htm

柏崎花火 7月26日http://www.uwatt.com/ev_info/summer/su-info03.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)